スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
親父
ニュース等でご存知の方も多いかとは思いますが、

12/20に不慮の事故で父の津田勤が亡くなりました。

あまりに突然の事で、
最初は全く信じれませんでしたが、
兄との電話でやっぱり本当なんだなと。

急遽帰国となりましたが、
アメリカで一緒に住んでいたみんなが
チケットの手配等手伝ってくれて、
連絡があった次の日の朝には日本行きの飛行機に乗ることができ、
最後に親父に会うことができました。

僕の活動を自分の事のように
楽しみにしてくれていた親父。

このブログも、
もっとマメに更新しろよ!
なんて良く言われてましたが(^^;;

これからはブログチェックしなくても
天国からいつも見ていてくれるかな?

僕にスキーの楽しさを教えてくれたのは
親父でした。
技術的な事は、真っ直ぐいけ!とか、止まるな!とか、曲がるな!とか指導員だったわりに教わってないような気もするけど…
スキーを楽しむっていう、一番大切なものは教わったんだと思う。

正直会えなくなるのは
すごくさみしいし、
もっと一緒に滑りたかったし、
もっと一緒に飲みたかった、
孫ともたくさん遊ばせてやりたかった、
あげだしたらキリがないし
悲しくなってしまうけど、

生前の親父はたいがいいつも笑顔で
約30年一緒にいたけど、
暗い顔してるとこはあまり見た記憶がない。

きっと残された僕たち家族にも
暗い顔などせずに、明るく過ごして
欲しいと思っているはず。
そう勝手に解釈しています。

なんで笑顔を絶やさないよう
これからも過ごしていこうと思います。

見守っててくれよー!

父ちゃん、いままで本当に
ありがとうね。
スポンサーサイト
2013/12/26(Thu) | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--お世話になりました。--

お悔やみ申し上げます。
自分は中能登町のスキー協会なのですが、毎年 石川の県体の宿でお父さんとご一緒させていただいていました。
自分も43才になり年々レースが辛く?!なってきてるのですが、津田さんが元気に大会に出られると自分もまだまだ元気に滑れる様な気がしました。
昨日 初滑りでセイモアに行きました。
先シーズン 息子とセイモアにいるときに声をかけていただいのが思い出されます。
シーズンにしかお会いしませんでしたが いつもの顔がないと思うと こんなに寂しい事はないですね。
慎んでご冥福をお祈りします。
by: 土本 * 2013/12/30 12:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

津田さま
お父様とはいとこにあたる"くわ"と申します。

この11月にある席でお父様と同席させていただき、あなたの話を聞きました。
その席では、あなたがオリンピックに出られることをすごく楽しみにされていました。

あれから一ヶ月そこそこで訃報を聞きとてもショックを受けています。

謹んでご冥福をお祈りします。
by: くわ * 2013/12/31 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kentaro541.blog46.fc2.com/tb.php/556-a43ec0e3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。