まさかの…

こちらアメリカでの診断書

Diagnosis
ってのが診断の意味、
ACL Tear
ってのが前十字靭帯切れてますよ、
という意味。

で、
アメリカの先生に
『あんた残念だけど手術がいるわよ。』

とアメリカで言われました。

ガビーーン。。。

意気消沈して日本へ帰国。




日本に着いたら、
スキーバックとゴロゴロバック両方
2つとも預けた荷物が届かない

というダブルパンチを経て、




今日の精密検査へ。

MRI(内部を細かく撮影できる機械)などの精密検査を受け
担当医の先生に診てもらってました、


そしたら、、、




先生
『ん?津田君、
これ切れてないよ』


『えっ?先生、
切れてないんすか?』

先生
『だってほら、
ちゃんと靭帯が効いてる感じあるでしょ?』


『た、確かに…』

触診で膝さわってもらうと、
コンッコンッて感触が!


先生
『別にグラグラしてないでしょ?』


『たしかに全然ないっす』

アメリカではまだ腫れてて痛かったから
ちゃんとわからなかったのか?


そんで、
MRIの写真を見ても
筋がしっかり写ってるではありませんか!


正式には
膝を伸ばした状態ではしっかりと靭帯が効いていて、
膝を曲げた状態では少し緩んだ感がある、

と、

でもソレは、
とうてい手術をするってレベルではないし、


靭帯はちゃんと繋がっていると。



切れていないと。



切れてはいないんだと。



長州小力ばりに

『き、切れてないっすよ…』



と。



先生曰く、
もちろんしばらくは安静にし、
リハビリもするけど、
特に不安定感などなければ
スポーツしても問題ないそうです。

いまはただ、
なんとも言えぬ安堵感でいっぱいです


たくさんの人が
『無事を祈ります』
とメッセージをくれましたが
そのお祈りが届いたのだと感謝しています。

リハビリ頑張ります!

そしてまた、

また今シーズン中に山に上がります!

ありがとうございます!
スポンサーサイト
2011/02/10(Thu) | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

良かったね!!
心配してました。また戸倉で会いましょう☆
by: masha * 2011/02/10 19:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

結局ユタ大学の選考が遅れていて、応援に行けませんでした。

ACLは完全に異常無しOr完全断裂のどっちかのケースが多いんですよね・・・

早く復帰して、暴れ回っちゃって下さい!!
by: やーまだ * 2011/02/11 03:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

再手術→再リハってならなくてホント良かったっすね!

しっかり治しての復帰をまってまーす♪
by: みつ * 2011/02/12 09:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

安静レベルで何とかなるなら良かったね!

戸倉で会えるといいですな
by: さとし * 2011/02/13 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kentaro541.blog46.fc2.com/tb.php/294-51968281
前のページ ホームに戻る  次のページ