スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
外人のトランポリンレベルが…
今日もエクステック行きますが、、、


なぜトランポリンなのか??




そう、


さかのぼること2年前。


世界のTことタヤガキタツヤ君レベル1のカッパーマウンテンの撮影に同行させてもらった時のこと。

woodwardというトランポリンやスケート、スポンジの中にスキー履いて飛び込める施設が
プレオープンということで、撮影に来ていたメンバーでその施設に行ったんです。

トム、カサボン、ダダリ、コーリー、マイクリドル、ジョシウェルズ、タイラーなどなど

たくさん有名選手がトランポリン飛んでいたわけですが…


ほぼ全員がダブルを当たり前のようにやってるんすね。

トムにいたっては考えうるダブルをほぼ全部やってました。
かつ4種類くらいは左右両方とも…
ダブルバック、ダブルフロント、ダブルコーク、
ダブルロデオ、スイッチダブルロデオ、ダブルサイドetc…

スポンジに飛び込む時はトリプルも…


完全に身体能力のレベルの違いを見せつけられましたな。


こりゃーー マズイぞ!


ということで時代にはカナリ乗り遅れながらも現在トランポリンを必死にやってるわけです。



一昔前の大会っちゃースイッチ1080回れれば良かったんで
あとはグラブをちゃんとロックしてスムーズにいかにカッコよく回るか、やな!
ぐらいにしか思ってなかったんで、
トランポリンの必要性はそこまで感じてなかったけど、

いまのこの多種多様な技が求められる時代には間違いなく必要な練習なんですな~




やってて良かった公文式!

ばりに

やってて良かったトランポリン!
です。


ケツ、腰、肩、足首が痛いけど今日も元気に行ってこよう♪
スポンサーサイト
2010/10/19(Tue) | スキー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kentaro541.blog46.fc2.com/tb.php/167-30b14522
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。